[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | 館長発掘記 | 更新履歴 | サイトマップ ]
 おもちゃの展示室

120号室-04 水晶宮のイグアノドン Iguanodon

トップページ 展示室 総合案内所 展示室120号室 120号室-04

水晶宮のイグアノドン
2002年に発売された(株)レッズの「レトロクラシック恐龍(ダイノソア)・ボトルキャップ」のシークレット「水晶宮のイグアノドン」です。荒木一成さんが原形を作成、名前のとおりレトロな復元スタイルが特徴で、13種類+シークレット。
「水晶宮のイグアノドン」とは、1851年に世界初のロンドン万博の目玉としてハイド・パークに建てられていた水晶宮には、古生物の大家オーウェンが復元模型の製作の責任者・監督者、有名な彫刻家ホーキンスが作った実物大恐竜復元像が展示された。この水晶宮が南ロンドンのシドナムに移設される時さらに33点の絶滅動物の実物大復元像を追加。当時はイグアノドンは4本足で歩き、本当は親指についていた尖った骨が鼻先の角として考えられていたので、こんな姿に再現されたんですね。今となっては不思議な復元ですが、当時の科学としては最先端の知識が盛り込まれた復元像だったんですね。
おもちゃのデータ
●生物名前 
 イグアノドン
●シリーズ 
 レッズ レトロクラシック恐龍(ダイノソア)
●前後長さ 4 cm
●左右長さ 2 cm
●上下長さ 3 cm
●メーカー レッズ
●購入場所 ヤフーオークション
●購入価格 15個で1800円
●購入時期 2002年10月
●展示品数 1261個目
●改定日付 2012年5月19日


◆各ページの内容は、記事を書いた当時(改定日付)のものです。
恐竜おもちゃの博物館トップページへ
アドレス: www.dinotoymuseum.com
ご感想・ご質問・恐竜グッズの情報を待ってます。
館長あてのメールはこちらまで

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright(C) Dino Toy Museum. All rights reserved.