[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | 館長発掘記 | 更新履歴 | サイトマップ ]
 おもちゃの展示室

031号室-08 スピノサウルス Spinosaurus

トップページ 展示室 総合案内所 展示室031号室 031号室-08

スピノサウルス 明治製菓のジュラシックパーク3のガムについていたペーパークラフトのスピノサウルス。スピノサウルスは背骨が骨の棒が伸びていて背中に帆がついていたことが外見の特徴。さらに、アゴの骨も特徴があり、現生のワニのように口が細長く、口の先の部分の歯並びとアゴの形が変わっていて、肉食恐竜の割にはきゃしゃなアゴなので、魚を食べていたのではないかという説があります。魚を食べていたとされている恐竜はバリオニクスが有名ですが、スピノサウルスもディロフォサウルスも魚好きな恐竜だったかもしれません。
おもちゃのデータ
●生物名前 
 スピノサウルス
●シリーズ 
 骨格模型 明治製菓 ジュラシックパーク3
●前後長さ 20 cm
●左右長さ 6 cm
●上下長さ 9 cm
●メーカー 明治製菓
●購入場所 ヤマザキデイリーマート
●購入価格 146円
●購入時期 2001年 6月
●展示品数 342個目
●改定日付 2002年 7月 26日

◆各ページの内容は、記事を書いた当時(改定日付)のものです。
[ 前ページ | シリーズ一覧 | 次ページ ]
恐竜おもちゃの博物館トップページへ
アドレス: www.dinotoymuseum.com
ご感想・ご質問・恐竜グッズの情報を待ってます。
館長あてのメールはこちらまで

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright(C) Dino Toy Museum. All rights reserved.