[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | 館長発掘記 | 更新履歴 | サイトマップ ]
 おもちゃの展示室

045号室-06 ユーステノプテロン Eusthenopteron

トップページ 展示室 総合案内所 展示室045号室 045号室-06

ユーステノプテロン ユーステノプテロンは、3億6000万年前ほどのデボン紀後期に住んでいた魚で、ひれの中に骨が進化し、がんばれば足のよう使えるひれを持っていた。また、普通の魚は水の外に出ると呼吸ができなくなるけど、ユーステノプテロンは肺呼吸もできたらしい。(現代でも肺魚(はいぎょ)と呼ばれる魚は肺で空気を吸うことができる)

 この二つの大進化が合わさり、ひれを手足に変え、空気呼吸ができる陸の生き物の両生類に進化したらしい。ユーステノプテロンには骨格のあるヒレが3対6本、1本の足の指の数は7本あったから、我々4本足の生き物の直接の先祖じゃないかも。

 おもちゃは館長がかなり以前に粘土で作ったものです。水の中からはい上がり、陸の先を見ているところです。全然うまくできてないけど、ご愛嬌です。
おもちゃのデータ
●生物名前 
 ユーステノプテロン
●シリーズ 
 粘土の恐竜
●前後長さ 8.5 cm
●左右長さ 3 cm
●上下長さ 2.5 cm
●メーカー 粘土自作
●購入場所 粘土自作
●購入価格 なし
●購入時期 かなり以前
●展示品数 494個目
●改定日付 2007年9月17日

◆各ページの内容は、記事を書いた当時(改定日付)のものです。
[ 前ページ | なまえ一覧 | 次ページ ]
恐竜おもちゃの博物館トップページへ
アドレス: www.dinotoymuseum.com
ご感想・ご質問・恐竜グッズの情報を待ってます。
館長あてのメールはこちらまで

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright(C) Dino Toy Museum. All rights reserved.