[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | 館長発掘記 | 更新履歴 | サイトマップ ]
 おもちゃの展示室

059号室-01 シマワラビー Macropus greyi

トップページ 展示室 総合案内所 展示室059号室 059号室-01

シマワラビー
宮川アジュさん、戦え絶滅動物 Part.1のシマワラビー(1931年に絶滅)です。
 シマワラビーは1931年に絶滅したオーストラリアに住んでいた小型カンガルーの仲間。人間に住処(すみか)を追われたり、家畜を襲う害獣として嫌われた、毛皮のためにハンティングが流行ったなどの理由で絶滅してしまった。宮川アジュのホームページ「戦え絶滅動物」によると「シマワラビーは走力、ジャンプ力、バランス感覚、危険察知能力など高く、超一流のアスリートのような動物だった。さらに前足で上手に木の枝をつかむ事ができルほどの器用さなどもあり、自然界で生き抜くにはカンペキな能力を兼ね備えていたはずだった」。絶滅したのは人間の影響らしいです。
おもちゃのデータ
●生物名前 
 シマワラビー
●シリーズ 
 宮川アジュ 戦え絶滅動物1
●前後長さ 5 cm
●左右長さ 2.5 cm
●上下長さ 4.5 cm
●メーカー 宮川アジュ
●購入場所 ヤフーオークション
●購入価格 7個で900円
●購入時期 2008年2月
●展示品数 631個目
●改定日付 2008年8月21日

◆各ページの内容は、記事を書いた当時(改定日付)のものです。
[ 前ページ | なまえ一覧 | 次ページ ]
恐竜おもちゃの博物館トップページへ
アドレス: www.dinotoymuseum.com
ご感想・ご質問・恐竜グッズの情報を待ってます。
館長あてのメールはこちらまで

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright(C) Dino Toy Museum. All rights reserved.