[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | 館長発掘記 | 更新履歴 | サイトマップ ]
 おもちゃの展示室

064号室-03 フクロオオカミ Tasmanian Thylacine

トップページ 展示室 総合案内所 展示室064号室 064号室-03

フクロオオカミ
フクロオオカミはタスマニアのほか、ニューギニアやオーストラリア本土にも住んでいたオオカミのような有袋類。頭の骨や歯の形はイヌに似ているが、腰から下や尻尾はカンガルーに似ている。カンガルーみたいにピョンピョン飛び跳ねて走ることもできたらしい。
 元々、オーストラリア周辺に広く生活していたが、3万年前程に人間とイヌが入ってきて、住むところを奪われ、生存地域が限られた。
 1800年代に多くの人が移民としてやってきて、なぜかフクロオオカミは害獣として駆除され、1930年に野生の最後の生き残りと思われる1頭が銃で打たれ、その後も目撃情報が時折あったが、1960年以降は目撃されないので、1960年に絶滅したと考えられている。
おもちゃのデータ
●生物名前 
 タスマニア フクロオオカミ
●シリーズ 
 宮川アジュ 戦え絶滅動物2
●前後長さ 6 cm
●左右長さ 2 cm
●上下長さ 3 cm
●メーカー 宮川アジュ
●購入場所 ヤフーオークション
●購入価格 7個で900円
●購入時期 2008年2月
●展示品数 684個目
●改定日付 2008年12月31日

◆各ページの内容は、記事を書いた当時(改定日付)のものです。
恐竜おもちゃの博物館トップページへ
アドレス: www.dinotoymuseum.com
ご感想・ご質問・恐竜グッズの情報を待ってます。
館長あてのメールはこちらまで

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright(C) Dino Toy Museum. All rights reserved.