[ トップページ | おもちゃの展示室 | 図書室 | お友達グッズ | スタッフ | 情報リンク | Q&A | 館長発掘記 | 更新履歴 | サイトマップ ]
 おもちゃの展示室

076号室-07 荒木一成恐竜コレクションのセイスモサウルス Seismosaurus

トップページ 展示室 総合案内所 展示室076号室 076号室-07

セイスモサウルス
カバヤ食品の 荒木一成恐竜コレクション、5種類全部を集めると完成するセイスモサウルスです。全長30センチ超! 大きよ。
 セイスモサウルスは生きていたときの全長が33メートル、重さ40トン。とっても長い首と尻尾を持っていた。これでも竜脚類の中ではスリムだったらしい。いったい一日にどのくらいの食べ物を食べていたのかな? 小さな口だから一日中、食べていたのでは。

問題:セイスモサウルスは巨大な竜脚類ですが、その学名の意味は?

前の展示室の問題の答え:アンキロサウルスが生きていたのは中生代の「白亜紀・後期」ですね。
おもちゃのデータ
●生物名前 
 セイスモサウルス
●シリーズ 
 カバヤ食品 荒木一成 恐竜コレクション
●前後長さ 32 cm
●左右長さ 5 cm
●上下長さ 9.5 cm
●メーカー カバヤ食品(株)
●購入場所 セブンイレブン
●購入価格 ひと箱315円・5種全部のおまけ
●購入時期 2005年7月
●展示品数 810個目
●改定日付 2009年9月14日

◆各ページの内容は、記事を書いた当時(改定日付)のものです。
恐竜おもちゃの博物館トップページへ
アドレス: www.dinotoymuseum.com
ご感想・ご質問・恐竜グッズの情報を待ってます。
館長あてのメールはこちらまで

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

Copyright(C) Dino Toy Museum. All rights reserved.